遠藤工業 二軸破砕機

小型二軸破砕機について
 
設置、移動も簡単に行える小型の二軸破砕機です。
比較的小型の廃棄物(ペットボトル・ビデオテープ・CD・生ゴミ等)の破砕処理に適しています。
小型で扱いやすいサイズなので、メンテナンスも容易です。
 
特長
1.長寿命で切れ味抜群のカッター
 
機械メーカからスタートした遠藤工業のカッターは耐磨耗性に優れた特殊鋼を採用しています。
高い加工精度によりカッターとカッターのクリアランスが狭く、ビデオテープのような薄い物でも破砕出来ます。
破砕に応じて選択できるよう、カッターのフック数を数種類準備しました。

2.自動復帰装置

  噛み込み量が大きい時及び破砕困難物(過負荷対象物)が投入された場合、
自動逆転し、投入物の姿勢を変えて再復帰する自動復帰装置を付属します。
3.多彩なオプション
 
安全LS付ホッパー、パドルプッシャ付ホッパー(安全LS付)、排出部カバー(安全LS付)、移動用キャスター、
粒度調節装置等を準備しました。
EC20については、ダブルモーター仕様(EC20W)も準備しました。
オプションの詳しい説明はオプションページをご覧下さい。
4.豊富な実績
  550台以上の販売実績から得られた豊富な破砕データの蓄積があります。
また、展示機による破砕テストも常時受け付け。
事前にテストにより、破砕後の状態を確認することが出来ます。


EC10−24型
モータ容量 0.75kW
カッターサイズ Φ100mm×24mm
破砕室大きさ 幅240mm×奥行200mm
電源 AC200/220V
電源容量 3KVA
破砕機寸法 幅1000mm×奥行500mm
破砕機質量 300kg

オプション 安全LS付ホッパー(400mm幅)
パドルプッシャー付ホッパー(安全LS付)
粒度調節装置
排出部カバー(安全LS付)
移動用キャスター
ec10-24
写真の製品は標準機種ではありません。
仕様により製品形状が異なります。


EC12−20U型
EC12−20SU型
モータ容量 0.75kW
カッターサイズ Φ120mm×12mm
破砕室大きさ 幅200mm×奥行230mm
電源 AC200/220V
電源容量 2KVA
破砕機寸法 幅620mm×奥行き600mm
破砕機質量 200kg

オプション 安全LS付ホッパー(400mm幅)
パドルプッシャー付ホッパー(安全LS付)
排出部カバー(安全LS付)
移動用キャスター
ec12-20
ec12-20s
写真の製品は標準機種ではありません。
仕様により製品形状が異なります。


EC15−30
モータ容量 3.7kW
カッターサイズ Φ150mm×25mm
破砕室大きさ 幅300mm×奥行280mm
電源 AC200/220V
電源容量 6KVA
破砕機寸法 幅1400mm×奥行550mm
破砕機質量 800kg

オプション 安全LS付ホッパー(500mm幅)
パドルプッシャー付ホッパー(安全LS付)
粒度調節装置
排出部カバー(安全LS付)
移動用キャスター
ec15-30
写真の製品は標準機種ではありません。
仕様により製品形状が異なります。


EC20−40
モータ容量 5.5kW
カッターサイズ Φ200mm×40mm
破砕室大きさ 幅400mm×奥行420mm
電源 AC200/220V
電源容量 12KVA
破砕機寸法 幅2000mm×奥行800mm
破砕機質量 1700kg

オプション 安全LS付ホッパー(600mm幅)
パドルプッシャー付ホッパー(安全LS付)
排出部カバー(安全LS付)
粒度調節装置
ec20-40
写真の製品は標準機種ではありません。
仕様により製品形状が異なります。


EC20W−60
モータ容量
(ダブルモータ)
7.5kW×1台
5.5kW×1台
カッターサイズ Φ200mm×40mm
破砕室大きさ 幅600mm×奥行420mm
電源 AC200/220V
電源容量 20KVA
破砕機寸法 幅3000mm×奥行800mm
破砕機質量 2600kg

オプション 安全LS付ホッパー(800mm幅)
パドルプッシャー付ホッパー(安全LS付)
排出部カバー(安全LS付)
粒度調節装置
ec20w-60
写真の製品は標準機種ではありません。
仕様により製品形状が異なります。


 
大型二軸破砕機について
 
油圧モータ駆動と電動モータ駆動の二種類の駆動方式があります。
産業廃棄物、ゴミ処理センターのように、大型破砕物の大量処理に適した二軸破砕機です。
機械メーカならではの配慮を備えた、使い易い破砕機です。
   
特長
1.長寿命で切れ味抜群のカッター
 
機械メーカからスタートした遠藤工業のカッターは、耐磨耗性に優れた特殊鋼による鍛造セグメントカッター方式を採用しました。
高い加工精度によりカッターとカッターのクリアランスが狭く、薄い物でも破砕可能です。
破砕に応じて「フック無し」「1フック」「2フック」の三種類のカッターを準備しました。
2.過負荷時も安心
 
油圧モータ駆動破砕機は定馬力制御油圧ポンプを採用することで、破砕負荷が大きい場合は自動的にカッターの回転数を下げ、 破砕トルクを上昇させて破砕を行います。また、駆動の最高トルクを正確に制限できるので、万一の異物混入にも安心です。
破砕中に過負荷になった場合、一定時間逆転した後に正転して、破砕を継続します。
異物排出装置も取り付け可能です(オプション)
3.多彩なラインアップ、オプション
 
破砕室幅800o〜2000oまでの5種類をシリーズ化し、破砕対象物や処理量に合わせて最適な機種を選択可能です。
粒度調節装置、油圧プッシャー等、オプションも充実させました。
4.柔軟な対応
 
お客様のご要望に応じて、破砕室幅変更やホッパー形状変更、安全装置、前後装置、カッター材質・幅変更等、 幅広く対応出来ます。 ステンレス仕様、屋外仕様も製作可能です。
5.豊富な実績
 
破砕テストを常時受け付けております。 事前にテストにより、破砕後の状態を確認することが可能です。


鍛造セグメントカッターについて
 
EC42W−80型以上の大型破砕機については「鍛造セグメントカッター」を採用しています。
 
カッターは耐磨耗性及び靭性に優れた特殊鋼を使用しています。
カッターが欠損・磨耗した場合、軸受け部を分解することなく、固定ボルトを取り外すだけで容易に交換できる構造です。
軸に対するカッターの固定は、正転・逆転の両方の負荷に耐えるポケットはめ込み方式を採用しています。
水分が多い破砕物に対しても、ポケットシールによる錆対策も可能です。
カッターは「フック無し」「1フック」「2フック」の3種類を準備。
 
02
03 01
  04


大型二軸破砕機ラインナップ

EC30W−80型
モータ容量 15kW×1台、11kW×1台
カッター駆動方式 電気
カッターサイズ Φ300mm×50mm
カッター個数 16ヶ
破砕室大きさ 幅806mm×奥行590mm

EC30W-80型のカッターはモノカッターとなります。
ec30w-80
写真の製品は標準機種ではありません。
仕様により製品形状が異なります。


EC42W−80型
EC56W−150型
EC42W-80
EC56W-150
写真の製品は標準機種ではありません。
仕様により製品形状が異なります。

仕 様(大型二軸破砕機)

型 式
モータ容量
カッター
駆動方式
カッター
破砕室
直径(mm)
幅(mm)
個数
幅(mm)
奥行(mm)
EC42W−80型
15kW×2台
油 圧
420
60
112
840
865
EC56W−100型
30kW×2台
565
75
112
1,060
1,115
EC56W−150型
55kW×2台
565
75
160
1,510
1.115

EC65W−150型

55kW×2台
650
75
160
1,510
1,280
EC65W−200型
75kW×2台
650
75
216
2,030
1,280
 


オプション(大型二軸破砕機)
 
1 ホッパー
   
破砕室の上部に取り付けられているホッパーです。
破砕物の形状、投入量、投入方法に応じて形状が変わってきます。
コンベヤによる投入、重機による投入、ラインに組み込むなど様々な投入方法がありますので、お客様の要望を確認の上、ホッパー形状を決定する必要があります。
   
op001

op002

op003
op004

op005
op006

op007
         

 
2 異物排出装置
   
異物が投入されたときは、自動的に片側の扉を開き、両軸のカッターが同方向に回転し、異物を排出します。
排出動作は、自動復帰装置の動作回数を設定し、その回数に達したときに行われます。
   
op008
op009
 
3 油圧プッシャー
   
大型成型品、ポリドラムなどカッターが噛み込みにくい破砕物は、油圧プッシャーが有効です。
油圧シリンダーによるスイング式プッシャーにより破砕物を押しつぶし、カッターへ押し込むことで、カッターに噛み込まれるように作用します。
     
op010
  op011  
     
油圧プッシャー装置
 
ポリドラム破砕中
 
   
  4 粒度調節装置
   
破砕後の破砕片のサイズを調節することができます。
油圧シリンダによるスクリーンの上下機構と横スライド機構の組み合わせにより、メンテナンスや交換を容易に行うことが出来ます。
   
op012
op016
op014
   
スクリーンを装着した状態
op017
油圧シリンダが下降し、
スクリーンが外れる
   
op015
op018
op013
   
スクリーンを横へスライド
 
スクリーンと油圧シリンダを固定しているボルトを取り外し、油圧シリンダを上昇